css「border」囲み線のプロパティ(html,css)

画像border101

こんにちは、tanakaです。

今回は、
cssプロパティ「border」の説明です。

「border」は、
囲み線のプロパティです。

画像blog-css-list01-01

「border」には、
様々な種類の線が用意されています。

さらに

画像を入れることもできます。

それでは、
詳しく説明していきます。

文字化けします

<コピー、ペーストすると文字化けします>

このページのコードをコピー、ペーストすると
「ダブルクオーテーションなどの一部が文字化け」
して正常に機能しなくなります。

十分ご注意ください。

borderとは

「border」は、
ボックスモデルの囲み線プロパティです。

画像blog-css-list01-01

線は「8種類」で色をつけることもできます。

さらに

「border-image」という
画像を入れるプロパティもあります。

しかし

「border-image」は、
扱いが非常に難しいためおすすめしません。

もし画像を入れる場合は、
HTML<img>や
css「background-image」の方が良いでしょう。

「border」5種類のプロパティ

「border」は、
5種類のプロパティがあります。

1:border-style(線の種類)
2:border-color(色)
3:border-width(太さ)
4:border-image(画像を入れる)

5:border 一括指定

それぞれ
詳しく説明していきます。

border-style(線の種類)

「border-style」は、
「線の種類」を決めるプロパティです。

「線の種類」は、以下の通りです。

1:none、hidden非表示
2:solid1本線
3:double2本線
4:groove立体な凹線
5:ridge立体な凸線
6:inset立体な凹線(四方用)
7:outset立体な凸線(四方用)
8:dashed破線
9:dotted点線

<1:none、hidden>

「none」「hidden」は、
ともに非表示です。
(太さが自動で「0px」になる)

none  = 非表示
hidden = テーブルで使う非表示

画像blog-css-border01-02
border-style: none;
border-style: hidden;

この2つの違いは、
この項目の下「<none、hiddenの違い>」で説明します。

<2:solid>

「solid」は、1本線です。

画像blog-css-border02-02
border-style: solid;

<3:double>

「double」は、2本線です。

画像blog-css-border03-02
border-style: double;

<4:groove>

「groove」は、立体な凹型の線です。

画像blog-css-border04-02
border-style: groove;

<5:ridge>

「ridge」は、立体な凸型の線です。

画像blog-css-border05-02
border-style: ridge;

<6:inset>

「inset」は、立体な凹型の線です。(四方用)

画像blog-css-border06-02
border-style: inset;

<7:outset>

「outset」立体な凸型の線です。(四方用)

画像blog-css-border07-02
border-style: outset;

<8:dashed>

「dashed」は、破線です。

画像blog-css-border08-02
border-style: dashed;

<9:dotted>

「dotted」は、点線です。

画像blog-css-border09-02
border-style: dotted;

<none、hiddenの違い>

「none」「hidden」の違いは、
以下の通りです。

 none  = 普通の非表示
 hidden = テーブルでの非表示

「hidden」は、
テーブルの境界線を結合する時に使用します。

border-collapse: collapse; ←テーブル結合のプロパティ

<none、hidden違いの具体例>

下のようなテーブルがあったとします。

画像blog-css-border13

「none」は、
重なっている下の線は残します。

画像blog-css-border14

「hidden」は、
自分の周りの線すべてを非表示にします。

画像blog-css-border15

border-color(色)

「border-color」は、
色を指定のプロパティです。

指定方法は5種類あります。

<色の指定方法>

名称指定red
green
blue

black
white

orange
yellow
など
#16進数#101010
(R G B)
rgbrgb(R, G, B)A
A=alpha(透明度0〜1)
hsl色相、彩度、輝度
(超高度な方法)
transparent透明
currentcolor色指定できるプロパティ同士で
使いまわせる
border-color: red;
border-color: #ff0000;
border-color: rgba(255, 0, 0, 0.5);

border-color: hsla(60, 90%, 50%, .8);
border-color: transparent;
border-color: currentColor;

<currentcolorとは>

currentcolorは、
色を使い回せる値です。

子孫方向へ使い回すことができます。

親要素 = color: red
子要素 = background-color: currentColor
孫要素 = border: solid 50px currentColor
(全てredになる)

プロパティの種類が変わっても使うことができます。

border-width(太さ)

「border-width」は、
「線の太さ」のプロパティです。

指定方法は4種類です。

<1:thin(細い)>

「thin」は、とても細くなります。

画像blog-css-border10-02
border-width: thin;

<2:medium(普通)>

「medium」は、中間の太さです。

画像blog-css-border11-02
border-width: medium;

<3:thick(太い)>

「thick」は、そこそこ太めです。

画像blog-css-border12-02
border-width: thick;

<4:数値指定>

線の太さを数値で指定することもできます。

 1:px
 2:em
 3:など

border-width: 30px;
border-width: 1em;

border-image(画像を入れる)

「border-image」は、
borderへ画像を入れるプロパティです。

しかし

この「border-image」は、
扱いがとても難しいため「別の記事」にしました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

border(一括指定)

「border」は、
1行にまとめることができます。

詳しいやり方は、以下の通りです。

<border一括設定>

個別指定一括指定
border-style: solid;
border-color: lightgreen;
border-width: 50px;
border: solid lightgreen 50px;

ポジションを交えての指定

「border」は、
それぞれの辺を交えての指定もできます。

(例)

border-top-style: solid;

border-right-color: lightgreen;

border-bottom-width: 50px;

border-left: solid lightgreen 50px;

<まとめ>

1:線で囲むためのプロパティ。

2:画像を入れることもできる。

3:指定は5種類

以上、
css「border」囲み線のプロパティ(html,css)
の話でした。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました