margin相殺とは?「display:block」で「marginが計算通りにいかない」はこれが原因!?

画像offset-of-margin006

こんにちは、tanaka です。

今回は「marginの相殺」についての説明です。

「marginを追加したのにスペース量が増えない」
「marginの入れた数値と見た目が明らかに合わない」

そのようなことで困っていませんか?

それは「margin相殺」が原因かもしれません。

margin相殺とは、
「display: block」同士が「タテ方向」に並んだ時「marginを調節する」機能のことです。

そして

その「marginの調節」は、
より大きい方が優先されます。

これではよく分からないですよね。

そこで1つ「margin相殺の例」をあげます。

<margin相殺の例>

下のような2つの「display:block」があったとします。
そして「紫色部分はmargin」です。

画像offset-of-margin006

今からこの2つを上下に置きます。

どうなるでしょうか?

↓普通は上下に置くと、こうなるとおもいますよね?

画像offset-of-margin007

ところが!

↓実際はこうなります!

画像offset-of-margin008

下にあった100pxは相殺され消えてしまいました。

これが「margin相殺」です。

先ほどmargin相殺は、
marginを調節する機能と言いました。

しかし

この「marginの相殺」
常にいい感じで調節してくれるわけではありません。

むしろ害の方が多いかもしれません。

display:blockでmarginが計算通りにいかないのは、
大体これが原因だったりもします。

なので

ページを作成で困らないためにも
「marginの相殺」は、知っておいた方が良いでしょう。

<margin相殺・注意点>

1:margin相殺が起こるのは「display:block」だけです。

2:margin相殺が起こるのは「タテ方向」だけです。

3:「display:block」で「上下のmargin」が計算通りにいかないのは、大体これが原因だったりもします。

文字化けします

<コピー、ペーストすると文字化けします>

このページのコードをコピー、ペーストすると
「ダブルクオーテーションなどの一部が文字化け」
して正常に機能しなくなります。

十分ご注意ください。

margin相殺とは

margin相殺とは、
「display:block」の「タテ方向」での「margin調節機能」のことです。

なぜこのような機能があるのでしょうか?

<なぜmargin相殺があるのか>

なぜmargin相殺があるのでしょうか?

それは、
おそらく「均等に並べるため」でしょう。

「均等に並べるため」とは、
どういうことなのでしょうか?

それを分かりやすくするため

 1:marginが相殺ない場合
 2:marginが相殺ある場合

この2つの「display:block」の並びを比較してみてみましょう。

<1:marginが相殺ない場合>

まずはmarginが相殺ない場合をみていきます。

marginが相殺ないのでmarginの調節はされません。

(例:margin相殺なし)

下のような「display:block」があったとします。
そして「紫色部分はmargin」です。

画像offsetmargin05

今から、これらを上下ピッタリに配置します。

mergin相殺がなかったら以下のようになります。

画像offsetmargin06

それぞれを並べただけなので
blockとblockの間の空きは均等になりません。

<2:marginが相殺ある場合>

次はmarginが相殺ある場合をみていきます。

marginが相殺あるのでmarginの調節が行われます。

(例:margin相殺あり)

下のような「display:block」があったとします。
そして「紫色部分はmargin」です。

画像offsetmargin05

今から、これらを上下ピッタリに配置します。

margin相殺がある場合は、以下のようになります。

画像offset-of-margin001

それぞれのblockとblockの間の空きが
均等になるよう調節されています。

しかし

margin相殺は、
機能のON、OFFはできないので
実際は「margin相殺がある」だけになります。

そして

margin相殺の機能は、
一見便利そうに見えますが弊害の方が多かったりもします。

marginの上下の数量が違う場合は?

今までの例は全てmarginの数量が同じでした。

それでは上下のmarginの数量が違った場合は、
どうなるのでしょうか?

結果から言いますと「大きい数量が優先」されます。

数量が違うmargin相殺の例

数量違いのmargin相殺の例です。
「紫色部分はmargin」です。

上:200px
下:100px

上下の数量が違います。

画像

これを上下ピッタリに配置します。

画像offset-of-margin005

大きい数量が優先で調節されます。

親子要素でもmargin相殺

これでmargin相殺がわかってもらえたかと思います。

しかし

話はここで終わりません。

さらに難しくなります。

それは、

margin相殺が「上下の親子要素」「自らの親子要素」でも相殺を起こすからです。

「え?」

「どういうこと?」

とお思いでしょう。

その辺の話は「別記事を用意」しました。

よければご覧ください。

まとめ

<margin相殺とは>

margin相殺とは、
「display: block」が「タテ方向」に並んだ時「marginを調節する」機能のこと。

画像offset-of-margin002

今からこの2つを上下に置きます。

画像offset-of-margin003

重なった部分は相殺されて100pxだけになります。

<margin相殺は大きい方を優先>

margin相殺は、
高さが違う時「大きい方を優先」します。

画像

これを上下ピッタリに配置します。

画像offset-of-margin005

大きい数量が優先で調節されます。

<margin相殺・注意点>

1:margin相殺が起こるのは「display:block」だけです。

2:margin相殺が起こるのは「タテ方向」だけです。

3:「display:block」で「上下のmargin」が計算通りにいかないのは、大体これが原因だったりもします。

以上、
margin相殺とは?「display:block」で「marginが計算通りにいかない」はこれが原因!?
の説明でした。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました